赤ちゃん
★楽天で送料無料の商品を探す★

赤ちゃん その他

赤ちゃんの嘔吐

赤ちゃんの嘔吐についてお話したいと思います。

赤ちゃんの胃は縦長になっています。
胃の上部にある噴門部の筋肉がまだ発達していないので、大人に比べて吐きやすく、ミルクなどをすぐに戻してしまうことがあります。
(噴門部の筋肉とは食べ物や飲み物の逆流を防ぐ部分のことを言います)

■赤ちゃんが嘔吐をしても、自宅で少し様子を見てほしい症状は以下の通りです。

吐いていない時は元気がある。
軽い吐き気はあるが、他に変わった様子はなく、機嫌もいい。

■診察時間に受診させて欲しい症状は以下の通りです。

赤ちゃんがひんぱんに吐く。
ミルクを飲ませた後に勢いよく吐く。
吐くことを繰り返すが、食欲もあり、水分もとれる。

■診察時間外でも、受診させる症状は以下の通りです。

ぐったりしていて元気がなく、立て続けに吐く。
赤ちゃんの顔が青ざめている。

■大至急、急患で病院に連れて行く症状は以下の通りです。

赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返す。
高熱や下痢を起こし、激しく吐く。水分がとれない。


赤ちゃんの嘔吐にも様々な症状が見られることがわかりますね。
赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処し、どんな症状であっても早めにお医者様に診断してもらうようにしてください。

風邪だけでなく、嘔吐から考えられる様々な病気もあります。自分で判断するのではなく、赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと感じたら、迷わず病院に行くようにしましょう。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。